購入金額ではなく

コピー機を購入するような場合には、最初に購入する金額ばかりに目がいきがちですが、実は、毎月使用していると使うランニングコストにもしっかりと目をやらないと安いコピー機を購入したのに高くついてしまう可能性があります。

コピー機で購入金額と同じくらい注目しなければいけないのが、ランニングコストになります。このランニングコストとは、使用しているとかかる費用の事で、コピー機を動かす電気代や、印刷するためのコピー用紙などコピー機を使用する度に必用になる経費の事をランニングコストと言います

実はこのランニングコストはコピー機によって大きな差があります。安いコピー機を購入したとしても、ランニングコストがかさんでしまい、結果的に高い金額をコピー機に使用している場合もあります。特にインク代などはかなり変わってきますので、沢山コピー機を使用するような会社の場合には、しっかりと計算にいれて購入しなければ、たとえ安いコピー機だったとしても損をしてしまいます。コピー機は仕事に必ず必要になるものです。パソコンに繋いでPDFにする事もできますし、USBを繋いで直接プリントアウトする事も可能です。使用頻度も使用目的も様々ですので、トータル的な観点から選ぶ事が重要になります。