購入金額ではなく

コピー機を購入するような場合には、最初に購入する金額ばかりに目がいきがちですが、実は、毎月使用していると使うランニングコストにもしっかりと目をやらないと安いコピー機を購入したのに高くついてしまう可能性があります。

コピー機で購入金額と同じくらい注目しなければいけないのが、ランニングコストになります。このランニングコストとは、使用しているとかかる費用の事で、コピー機を動かす電気代や、印刷するためのコピー用紙などコピー機を使用する度に必用になる経費の事をランニングコストと言います。

実はこのランニングコストはコピー機によって大きな差があります。安いコピー機を購入したとしても、ランニングコストがかさんでしまい、結果的に高い金額をコピー機に使用している場合もあります。特にインク代などはかなり変わってきますので、沢山コピー機を使用するような会社の場合には、しっかりと計算にいれて購入しなければ、たとえ安いコピー機だったとしても損をしてしまいます。コピー機は仕事に必ず必要になるものです。パソコンに繋いでPDFにする事もできますし、USBを繋いで直接プリントアウトする事も可能です。使用頻度も使用目的も様々ですので、トータル的な観点から選ぶ事が重要になります。

コピー機の選び方

コピー機を購入する場合には、会社にとってどの程度の機能が必要なのかを最初に考える事がとても重要なポイントになります。必要な機能が無かったりするのはもちろんダメですが、不必要な機能が多いのも逆にデメリットになってしまいます。最近のコピー機はとにかく多機能ですので、必要な機能が搭載されている物を選ぶというのがとても重要になります。

コピー機で注目したいのが一枚あたりをコピーする速度です。コピー機はスピードが速ければ早いほど値段が高くなっております。そのため、あまりコピーをしないような会社の場合には、コピーするスピードが遅い物を選ぶようにすれば、コストダウンをする事ができるのです。反対にコピーするスピードが速いコピー機が必要なのは大量にコピーをする会社です。コピーを大量にするような場合にはとにかくスピード重視のコピー機を選ぶ事が重要になります。

大量にコピーするような会社の場合には、たとえコピーのスピードが速いコピー機が高かったとしても、その部分はお金をかけても十分に元が取れる内容ですので、下手に安いコピー機を購入するのはやめてください。大事な事は安くしてよい所と高く無ければ行けない所をおさえておく事なのです。

コピー機の購入

会社を立ち上げる時には、パソコンをはじめとして、机や椅子など必要な物が沢山あります。中でもコピー機はどの会社にも必ずあり、利用頻度も高いアイテムとなっております。そのため、最初にどのようなコピー機をどのような方法で準備するのかはとても重要になってきます。

コピー機を導入する方法は大きく分けて三つの種類があります。一つ目は、一般的な新品を普通に購入する方法です。かなり初期投資費用がかかりますが、最新機種など自分の会社に必要な物を沢山の種類から選べるというメリットがあります。色々な種類が次々と登場するコピー機ですから最初に選択する事ができるのは非常に大きなメリットである事は間違いありません。

二つ目は中古のコピー機を購入するという方法です。中古のコピー機を購入するメリットで最も大きな物は、やはりコピー機のお値段です。コピー機は非常に高価な物ですので中古で購入する事によってかなりのコストダウンをはかる事ができます。

三つ目はコピー機をリースしてもらう方法です。毎月決まったお金を支払う事で初期投資費用を抑えつつコピー機を確保する事ができます。事業を立ち上げるような場合には、一円でも安い金額で始めたいという方が殆どですのでリースという選択肢はかなりメリットがあります。

こちらのページでは、これからコピー機を導入しようと思っている方の為に、コピー機を導入する方法や選ぶべきコピー機の内容についてご紹介します。